☆メインクーン月年齢表☆

 

★月齢 0ヶ月~1ヶ月目 体重 約80g~500g★

仔猫は、母猫の体内で60日育ち生まれてきます、生まれた時の体重は普通の猫と変わらず80グラム前後です、中には血筋や遺伝で100グラムを超え130グラムで生まれてくる個体も有ります

生れて母乳の時期は、母猫が排泄の処理をしますが、離乳食が始まると猫用トイレの訓練が始まります

 

※生後4週目頃から、母猫の母乳から離乳食に変わります

 

★月齢 1ヶ月~2ヶ月目 体重 約500g~1.0kg★

少し大きい感じはしますが、まだまだ普通の仔猫です、手や足、骨格がしっかりして大きい感じがします

動きも少しずつ活発になり、兄弟姉妹達とちょこちょこっと遊びだしこの頃に遊びの中で、噛まれると痛い、爪を出されると痛いなどを覚え人や猫を噛んだり爪を立てることはイケない事を覚えます

 

※食事、マザー&ベビー「パテ・ドライフード」1日に3~4回

また食事では摂取しにくいビタミンDを取るために日光浴もさせてください、骨の成長を助けるためにカルシウムやビタミン剤などのサプリメントを使うのも良いでしょう

 

★月齢 2ヶ月~3ヶ月目、体重 約1.0~1.5kg★       

活発になり大きくなった感じはしますが、体格的には少し大きい仔猫

この時期から、新しい家族の元に巣立つ時期です

人と同じく人見知りの仔も居れば全く動じない仔も居ります

 

 

※食事、マザー&ベビー「パテ・ドライフード」1日に3~4回

4か月に入るまでは、特に食事には気を使いましょう、この時期にしっかり栄養を取らなければ、骨格や脳などにも影響がでます・犬種がかかると言われるクル病など発症の恐れも有ります1週間で100g以下の増加の時は、ヤギミルク、自然食「うずらの卵、馬肉、鶏肉、レバー」など高たんぱくなものを与えてください、基本1週間で100g以上の増加を目指しましょう

 

 

 月齢 3ヶ月~4ヶ月目 体重 約1.5kg~2.5kg★

急成長する時期です、尻尾の毛なども伸びだします、見た目に大きく感じます。赤ちゃん顔から少し大人の顔つきにかわり活発に動く時期でも有るので、栄養価の高い物を食べさせましょう

また、この時期より乳歯から永久歯に変わり始める時期に入ります

なんでも噛みたがるので、コンセントプラグなど噛まれない様に保護するなどの対策をして下さい、噛み噛み用のおもちゃなど与えると良いでしょう

歯の生え変わり時期は生後3ヶ月~6ヶ月頃まで続きます

 

※食事、この頃からキトンに変更「パウチ・ドライフード」この時期からドライフードの置き餌も良いでしょう、その他にドライフードにパウチを混ぜたものを2~3回与えましょう

この時期から、オールステージのフードを与えるのも可能ですが、与える場合はカルシウム不足になる可能性が有るので、フードとは別にサプリや自然食「ペット用煮干し、ヤギミルク」など与えてください

引き続き体重の増加が著しい時期です、栄養管理をしっかりしてください

 

★月齢 4か月~5ヶ月目 体重 約2.5kg~3.5kg★

とても活発になる時期です、骨格がしっかりして見た目は大人っぽくなってきます、成長期で日に日に大きくなっていきます

遊びもダイナミックになります、壊されては困るものなどは置かないようにしましょう

 

※食事、引き続きしっかり与えましょう

 

★月齢 5ヶ月~6ヶ月目 体重 約3.5kg~4.5kg★

毛が伸びて見た目にはとても大きく感じます、胸元や尻尾の毛が伸びてきます

早い仔猫はこの時期に乳歯から永久歯に変わっています

 

※食事、この時期より、食が細くなる仔が居ます、喜んで食べる物を見つけて食べさせてください

 

★月齢 6ヶ月~7ヶ月目 体重 約4.0kg~5.0kg★

胸元や尻尾の毛にボリュームが出てきて、メインクーンらしくなってきます

殆どの仔猫は、歯が永久歯に生え変わっております

永久歯になった歯はこの先一生使い続けることになります、歯のケアーもこの時期から無理なく行うことが良いでしょう

1歳~2歳で歯肉炎など発症する仔も居ります、歯のトラブルは内臓にも負担がかかります 歯磨きの苦手な仔にはサプリメントなどもございます

 

※食事、好みが出てきて好き嫌いが出るかもしれません、バランスよく与えましょう

 

 

★月齢 7ヶ月~8ヶ月目 約4.5kg~5.5kg★

この時期から少し成長か緩やかになってきます 体の内部では骨格がしっかりしてきます、この時期大きさは一般の猫より、長さや高さが出てきます、だいぶメインクーンらしくなってきた感じです

大きく育てるには食事だけではなく運動も必要です

 

※食事、この時期から余り体重の増加が無くなる仔が居ますが、焦らずバランスの良い食事を与えてください

 

★月齢 8ヶ月~9ヶ月目 体重 約5kg~6kg★

個体にも寄りますがこの時期から、伸び悩みや、食欲が落ちたなど目に見えた成長をしなくなってくる時期です、成長期が長いので、個体差や遺伝などにも寄りますが大きさの見極めはまだまだ先です

 

※食事、フードを余り食べない時は、置き餌以外にもパウチなどを使い1日に数回に分けて与える事も良いでしょう

 

★月齢 9ヶ月~10ヶ月目 体重 約5kg~6.5kg★

この頃には、鼻から尻尾の先まで1m程になる仔も居ます、性格やお顔も個性が現れる時期です。

性格も青年期に当たる為叱り過ぎたりすると臆病な仔になってしまいます

仔猫本来の性格を重視しつつ大らかに見守りましょう

 

※食事、引き続きしっかり管理して下さい、個体によりますが体重が減る仔も居ますが、焦らず今まで通りの食生活で育てましょう

 

★月齢  10ヶ月~11ヶ月目 体重 約5kg~7kg★

骨格がしっかりし、お顔も大人のお顔になり見た目にはメインクーンとすぐに分かるようになります、やんちゃなお顔や穏やかな顔立ちの仔も居ます

色んな事に興味深々な仔が多く、押戸などを開けようとする仔も居りす

他にもおやつなどの置き場を認知しセルフおやつをする仔も居るようです

 

 

★月齢  11ヵ月~12ヶ月目 体重 約5kg~7.5kg★

目に見えた成長はしなくなりますが、毛質や長さ骨格はまだまだ成長します、筋肉なども付きます 体重は最終的にはまだ2kg~3kgは大きくなります

メインクーンの成長は3年~5年です、まだまだ成長の可能性は大きいです

 

 

 

☆成長の伸び悩み食事について☆

大型猫が好き、大きなメインクーンにあこがれを持ち飼い始める方が多い様ですが

個体によっては、大きくならない仔も居ます

親猫が小ぶりだったり、食が細く栄養が行きわたらなかったり「虚弱体質」など中々大きくならない仔もおります

ですがフードや自然食などの工夫することによって大きく成長することもあります

また、メインクーンなど大型猫は成長期が長いため、出来る限り3歳まではキトンを与えてください、オールステージの場合はサプリメントや自然食などを与えましょう

この表は、一般的なメインクーンの体重表です、これを目安に育ててください、又女の子と男の仔の個体差も有り稀に女の子ではこの表のマイナス1キロの成長の仔もおります、当キャッテリーの男の子は生後7か月頃までは平均プラス1キロの仔が多いです、大きい仔であれば生後2か月で2~2.5キロになります

その他にも、メインクーンは寂しがりやさんです、特に夜などそばに居てあげて下さい、人が居ない事によって夜泣きをする仔が居ます、猫は夜行性です、日中は寝ていることが多いです、寝ている時は起こさず寝せてあげて下さい、日中ならば寝ながらいい仔にお留守番ができます

寂しさから、食欲低下やストレスでの免疫力が無くなり下痢などを起こしたり病気なる事も有ります

 

当キャッテリー出身の5歳以降の平均体重 

鼻~尻尾の先までの長さ

男の子の個体では 6キロ~11キロ

長さ  90㎝~1メートル10㎝

 

女の子の個体では 4キロ~6キロ

長さ  80㎝~1メートル

 

1歳までの食事管理や運動量によって骨格をしっかり成長させる事により大きく育つ可能性がございます

 

☆避妊去勢手術について☆

 

大型種は、普通の猫種と違い成長期が長く3~5年かかる為、避妊去勢も出来るかぎり遅くしてください、普通の猫種なら6か月程度で行う事も出来ますが、大型種はマーキングや発情期などで早める場合でも10か月以降出来れば、1歳以降の手術にしてください、早めに行う事は、まだ未熟な個体にはかなりの負担になります、仔猫の体内が成長しきっていない状態では、血管が細いです、早い時期にすると尿路結石の原因にもなります、他にも体重が足りなと手術に耐えられる状態では有りません、獣医師の中には大型種に対しての知識が無い方もおり早い時期での方が麻酔が少なく済むので個体への影響が少ないと勧められる事が有りますが、絶対やめてください、大型種に知識の有る獣医師は1歳過ぎまで行いません、また腕の良い獣医師は、女の子で手術時間が5~10分で終わり2針程度の傷で済みます、男の子では、3~5分程度で縫いません、傷は1センチ以下「ミリ単位」で済みます

避妊去勢手術を受ける際には、必ずご相談してください、食事不足や猫にそぐわない生活の環境、早すぎる避妊去勢手術が元でストレスにつながりFIPを発症する可能性にもつながります

 

もし、仔猫を育てる過程で何困った時や不安な事が有れば、私が知りうる限りでアドバイスを致しますよろしくお願い致します